スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄者的MHHC構築講座・その3

こんばんわ兄者です。

前回で入れるべきカード、大体の骨組みが決まってきたので、いよいよデッキを形にしていきましょう。

まずハンターカード。
初期ハンター、上位ハンター、G級ハンターの枚数を決めます。

初期ハンターは上位、G級ともにハンマーなので、アイアンストライク改×2枚にしましょう。
上位ハンターはツインブロスハンマー、枚数はドドブランゴのクエストでサーチできるので控え目に2枚。
G級ハンターはマグニチュード、これも2枚ですね。
テオ※が使えない状況でも2人出てればディアブロス亜種の討伐を狙えますし、2枚入ってればサーチしなくても引ける可能性が上がります。G級ハンター(ギルドモンスター)を3枚以上入れるのは、手札で腐りやすいのでおすすめしません。基本1枚、入るなら2枚、ですね。

続いてギルドモンスター、テオ・テスカトル※ですね。
ラスト狩り、ディアブロス亜種でしか使用しないのでこちらも2枚。テオ・テスカトル※は、古龍出現の能力で使い捨てのギルドモンスターなので、万が一狩りを失敗した保険としての2枚です。
上にも書きましたがG級は重たいので、特殊な効果でもない限りは控え目に入れましょう。

お次はクエストモンスター、ドドブランゴ、モノブロス亜種、ディアブロス亜種です。

ドドブランゴ等の下位クエストモンスター、モノブロス亜種等のG級素材、上位クエストモンスターは4枚ずつ入れましょう。引いてこないとなにもできませんから。

ディアブロス亜種等の大型クエストモンスター、最終討伐目標はこれまた入れすぎると手札の肥やしなので、控え目に2枚で。

ここまでで18枚、残り22枚。

イベントカードは基本となる角笛と、集会所をちょちょいといれましょう合計4~5枚くらいのバランスなので今回は角笛3枚と集会所1枚で、残り18枚。

後は上位、G級のターゲットモンスターをバランスよくいれればメインデッキは完成です。

で、ターゲットモンスターですが、MHHCの必須カード一弾の『ショウグンギザミ』は必ず4枚入れましょう。コンセプトデッキにも入ってるのでそのままご利用ください。

たまーに人のレシピを見てみると、ショウグンギザミの枚数を減らしたり、4弾のショウグンギザミを入れたりしているかたがおられますが、システム上無いとまともに戦うのもお話にならないので絶対に4枚で。

では最後に完成したデッキを載っけます。

ここまでで形にしますと。


【ハンター6枚】
2 アイアンストライク改
2 ツインブロスハンマー
2 マグニチュード

【ギルドモンスター2枚】
2 テオ・テスカトル※

【ターゲットモンスター28枚】
4 ドドブランゴ
4 モノブロス亜種
2 ディアブロス亜種
4 フルフル(一弾)
4 ショウグンギザミ(一弾)
4 フルフル亜種(二弾)
4 アプケロス
2 クシャルダオラ(CD)

【イベント4枚】
3 角笛
1 集会所

サブデッキはそのままクシャルダオラのつかってもらってOKです。

さて、一応サンプルとしてデッキを作ってみましたが、ぶっちゃけゴイマンさんが書いているMHHC講座とたいして差異はありませんのでご了承くださいませ。

次回は(あれば)プレイング編と銘打って、Mr.プレイミスことこの兄者が語りたいと思います。
スポンサーサイト

兄者的MHHC構築講座・その2

どうもMr.ワンチャンスこと兄者です。

今回はデッキを作る際のカード選びについて書いていきます。

例題にそって説明する前に、MHHCは相手より速くGP2000を達成することで勝利になります。

基本的に3クエスト、最速3ターンでクリアする事を出来るように意識してデッキを構築しましょう。

クエストの構成には様々ありますが、下位クエスト(GP100~300)→上位クエスト(GP300~600)→G級クエスト(GP1200~1600)とテンポよく達成するのが一番基本的ですね。


さて、まずは使いたいハンターを決めましょう。決まりましたか?マグニチュードですね?わかりました。

使いたいハンターが決まったら、そのハンターを出すために必要な素材と、総合して出せるパワーを考えましょう。

例としてマグニチュードならば、『赤甲殻』が必要で、『ギルドモンスター(紅蓮テオ※)を使用して効果が起動すればパワー4700』てのがわかると思います。
パワーが4700、上位ハンターを合わせれば5300以上になりますね。

ここでクエストの割り当てを考えます。パワー4700クラス、GP1200を狩るのか、パワー5300クラス、GP1400を狩るのか。

今回は比較的入手が簡単なパワー4700、GP1200『ディアブロス亜種』を使用しましょう。
ラストがGP1200なので、GP2000を3クエストで達成するには構成が、200→600→1200か、300→500→1200の2パターンになります。

コンセプトデッキ『クシャルダオラ』を買えば、前者のクエストが入っているのでそのまま使えます。

ディアブロス亜種をマグニチュードとテオ※で狩ることは決まったので、お次はモノブロス亜種をどのようにして狩るか、を考えましょう。

パワー2200、一枚でしか狩りに参加できないというデメリットを持っていますが、角破壊が成功すればパワー1000まで下げることが出来ます。

角破壊を持っていて、パワー1000を討伐できる上位ハンター、となれば2枚くらいしかないんですが(-_-;)、今回は2弾の『ツインブロスハンマー』を使用します。

最後にGP200、コンセプトデッキに入っているドドブランゴですね。クエストを達成すれば次の狩りで必要なハンター『ツインブロスハンマー』を持ってこれるので便利です。

これで、G級ハンター、上位ハンター、ギルドモンスター、クエストモンスターと大体入れるカードが決まってきましたね。

まとめますと、

1、使いたいハンター(ギルドモンスター)を決める。
2、最終的に出せるパワーを考えて、討伐目標、クエスト構成を考える。
3、クエスト構成に適したカード、それを狩るための上位ハンター(ギルドモンスター)を決める。

までが今回語った部分ですね。
デッキを作ったのはいいけど、最終的に討伐できませんでした、って事の無いように出せるパワー、狩ることの出来るターゲットモンスターを決めるのは大切です。

次回は今回決めた骨組みにターゲットモンスターやイベントを足して、デッキを完成させます。

おたのみしに!

兄者的MHHC構築講座

こんにちは、兄者です。

大きな大会を終え、ティーチングに参加して、やってみようかな?面白そうだな?と思った人向けに、何か書こうじゃないか!と思い立ちました。
(実は8弾まで長すぎて書くこと無いんだよ更新)

まず、デッキ構築の際に最も重要なことは何か?
それはコンセプト、デッキの目的を決める事です。

こういう状況で勝ちたい!このカードを使いたい!とか。なんでもいいです。

わかりやすく実用的なコンセプトを説明しますと、MHHCのデッキタイプは大まかに分けて、速攻、低速、その他に分かれます。

速攻、は大物を狩るまでの必要なパーツが少なく、最速で3ターンくらいで勝ちを見れるデッキ。蟹テオ、極がこれ。

低速、は準備に時間が掛かるとはいえ、一度ペースにハマると手がつけられません。妨害力が強いのが魅力。銀レウス、カットラスオーダーがこれ。

その他、イベントの尻尾切断や角破壊によるGP獲得や、手札破壊など。イベントは相手に対応ハンターが居なければ確実にGPを稼げますし、手札破壊は数枚しか積まれてない最終討伐目標を捨てさせれば勝ちです。レイアやナナがあてはまるかな?

しかしデッキタイプに限らず、コンセプトで一番重要なのは、このハンター(ギルドモンスター)を使いたい!だと思います。

好きな武器、モンスターで勝利する。これが一番の醍醐味ですね。

まぁそこら辺も踏まえて、次回はカード選びについて書いてみます。
プロフィール

兄者

Author:兄者
FC2ブログへようこそ!てへぺろ!(・ω<)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。